マナラホットクレンジングゲルの副作用は大丈夫?全成分一覧と成分を1つ1つ解説

マナラホットクレンジングゲルの副作用など安全面が気になっているあなたのために全成分一覧と成分を1つ1つ簡単に解説する記事をご用意しました。

少し長いので、結論からお伝えすると副作用が心配になるような問題のある成分はありませんが、肌が敏感な方は刺激に感じるケースがあります。

マナラホットクレンジングゲルに苦手な成分が入っていないか確認したい場合の参考になればと思います。

  1. マナラホットクレンジングゲルの副作用は大丈夫?全成分一覧と成分を1つ1つ解説
    1. グリセリン
    2. トリエチルヘキサノイン
    3. オリーブ果実油
    4. ステアリン酸グリセリル(SE)
    5. アーチチョーク葉エキス
    6. メドウフォーム油
    7. パパイン
    8. プロテアーゼ
    9. α-アルブチン
    10. テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
    11. 加水分解コラーゲン
    12. マンダリンオレンジ果皮エキス
    13. ラウリン酸ポリグリセリル-10
    14. ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
    15. ヒアルロン酸Na
    16. 発酵ローズはちみつ/ハチミツ発酵液
    17. ユズ果実エキス
    18. チャ葉エキス
    19. セレブロシド
    20. オウゴン根エキス
    21. ノイバラ果実エキス
    22. ローヤルゼリーエキス
    23. メマツヨイグサ種子エキス
    24. セイヨウトチノキ種子エキス
    25. ヘマトコッカスプルビアリス油
    26. ダイズ種子エキス
    27. プエラリアミリフィカ根エキス
    28. アスコルビン酸Na
    29. ザクロ果実エキス
    30. ハチミツ
    31. オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル
    32. スクワラン
    33. ニンジン根エキス
    34. オプンチアフィクスインジカ茎エキス
    35. ミツロウ
    36. ダイズ油
    37. (ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル
    38. (ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10
    39. DPG
    40. ポリグルタミン酸
    41. アルギン酸Na
    42. シアノコバラミン
    43. ステアリン酸PEG-5グリセリル
    44. ステアリン酸PEG-15グリセリル
    45. 加水分解酵母エキス
    46. ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース
    47. (アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー
    48. クエン酸
    49. クエン酸Na
    50. (アスコルビル/トコフェリル)リン酸K
    51. トコフェロール
    52. イソステアリン酸ソルビタン
    53. リン酸
    54. BG
    55. ポリソルベート60
    56. ペンチレングリコール
    57. リン酸Na
    58. PEG-60水添ヒマシ油
    59. リモネン
    60. フェノキシエタノール
  2. まとめ

マナラホットクレンジングゲルの副作用は大丈夫?全成分一覧と成分を1つ1つ解説

こちらがマナラホットクレンジングゲルの全成分です。

グリセリン、トリエチルヘキサノイン、オリーブ果実油、ステアリン酸グリセリル(SE)、アーチチョーク葉エキス、メドウフォーム油、パパイン、プロテアーゼ、α-アルブチン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、加水分解コラーゲン、マンダリンオレンジ果皮エキス、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒアルロン酸Na、発酵ローズはちみつ/ハチミツ発酵液、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セレブロシド、オウゴン根エキス、ノイバラ果実エキス、ローヤルゼリーエキス、メマツヨイグサ種子エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ヘマトコッカスプルビアリス油、ダイズ種子エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、アスコルビン酸Na、ザクロ果実エキス、ハチミツ、オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル、スクワラン、ニンジン根エキス、オプンチアフィクスインジカ茎エキス、ミツロウ、ダイズ油、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10、DPG、ポリグルタミン酸、アルギン酸Na、シアノコバラミン、ステアリン酸PEG-5グリセリル、ステアリン酸PEG-15グリセリル、加水分解酵母エキス、ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、クエン酸、クエン酸Na、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、トコフェロール、イソステアリン酸ソルビタン、リン酸、BG、ポリソルベート60、ペンチレングリコール、リン酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、リモネン、水、フェノキシエタノール

全成分を見ただけではわからない方の方が多いと思いますので、それぞれどのような成分か1つ1つ簡単に解説していきます。

特筆すべき成分には黄色いアンダーラインを引いています。

刺激性など心配がある成分には赤い背景色をつけています。

グリセリン

代表的な保湿剤。グリセリンは配合量が多いと水と混じることで温感効果を生む。

マナラホットクレンジングゲルの『ホット』を感じる成分。

トリエチルヘキサノイン

化粧品の感触をよくしたり、お肌をおおうような感覚を出す成分。

オリーブ果実油

お肌を柔らかくし、水分蒸発を防ぐエモリエント効果がある成分。

ステアリン酸グリセリル(SE)

お肌に優しい非イオン界面活性剤。

界面活性剤は水と油を混ぜる役割があり、油性のメイク汚れをゲルとなじませて落とす役割がある。

アーチチョーク葉エキス

お肌の引き締めをサポートする成分。

メドウフォーム油

エモリエント効果。

パパイン

古い角質を除去するピーリング効果を持つ成分。

プロテアーゼ

タンパク質分解酵素のこと。パパインもタンパク質分解酵素の1つ。

α-アルブチン

有効成分としてシミ予防や美白化粧品に配合されることが多い成分。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

ビタミンC誘導体の1つ。

加水分解コラーゲン

分解されて小さくなったコラーゲンのこと。

マンダリンオレンジ果皮エキス

お肌の保湿、ハリを与える作用が期待される成分。

ラウリン酸ポリグリセリル-10

お肌に優しい非イオン界面活性剤。保湿効果やエモリエント効果もある。

ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

ヒアルロン酸にプラスの電荷をくっつけて肌に残りやすくした保湿剤。

肌はマイナスの電荷を帯びているので引き合ってくれる。

プラスの電荷と聞くと刺激がありそうに感じるかもしれませんが、原料の安全データシートでは刺激性、毒性に問題なし。

ヒアルロン酸Na

代表的な保湿剤。

発酵ローズはちみつ/ハチミツ発酵液

はちみつ由来のピーリング成分。低刺激で保湿効果もあり。

ユズ果実エキス

保湿やピーリングなど広い作用を持つ成分。

チャ葉エキス

お肌の引き締めや健やかに保つために役立つ成分。

セレブロシド

ウマスフィンゴ脂質とも言われる動物由来のセラミド。保湿効果。

オウゴン根エキス

保湿やお肌の引き締め、お肌を健やかに保つなど幅広い役割がある成分。

ノイバラ果実エキス

保湿やお肌の引き締め、お肌を健やかに保つなど幅広い役割がある成分。

ローヤルゼリーエキス

保湿成分。

メマツヨイグサ種子エキス

お肌にハリをもたらしてくれる成分。

セイヨウトチノキ種子エキス

お肌の引き締めなどお肌を整えてくれる成分。

ヘマトコッカスプルビアリス油

アスタキサンチンのこと。お肌の元気に良いとされる成分。

ダイズ種子エキス

保湿に優れた成分。

プエラリアミリフィカ根エキス

肌にハリを与える成分。

アスコルビン酸Na

ビタミンCの一種。

ザクロ果実エキス

保湿やお肌のハリによい成分。

ハチミツ

保湿効果。

オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル

お肌を守り水分の蒸発を防ぐエモリエント効果。

スクワラン

エモリエント効果。

ニンジン根エキス

保湿やお肌の弾力に関わる成分。

オプンチアフィクスインジカ茎エキス

サボテンの茎から抽出したエキス。保湿やお肌を整え守る作用。

ミツロウ

粘り気を与える役割。

ダイズ油

エモリエント効果。

(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル

増粘剤。

(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10

増粘剤。

DPG

代表的な保湿剤の1つ。表記位置からして植物エキスを溶かし込む役割。

ポリグルタミン酸

納豆のネバネバの主成分。保湿効果。

アルギン酸Na

増粘剤。

シアノコバラミン

ビタミンB12のこと。

ステアリン酸PEG-5グリセリル

肌に優しい非イオン界面活性剤。

ステアリン酸PEG-15グリセリル

肌に優しい非イオン界面活性剤。

加水分解酵母エキス

保湿やハリを与える成分。

ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース

お肌に優しい界面活性剤。

(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー

増粘剤でありながら乳化もできるハイブリッドな成分。

クエン酸

お肌の引き締め、化粧品のpH調整。

クエン酸Na

お肌の引き締め、化粧品のpH調整。キレート作用によって化粧品を劣化させる金属イオンを取り除く。

(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K

ビタミンCとビタミンEをリン酸を通じて安定させたハイブリッドビタミン。

トコフェロール

ビタミンEのこと。

イソステアリン酸ソルビタン

お肌に優しい非イオン界面活性剤。

リン酸

pH調整。

BG

代表的な保湿剤の1つ。表記位置からして植物エキスを溶かし込む役割。

ポリソルベート60

お肌に優しい非イオン界面活性剤。

ペンチレングリコール

代表的な保湿剤の1つ。

リン酸Na

pH調整。

PEG-60水添ヒマシ油

肌に優しい非イオン界面活性剤。

リモネン

柑橘系の精油に含まれる成分。光毒性があり酸化により皮膚刺激やメラニン生成を加速する働きがあるので、注意が必要な成分。

ただ、化粧水や乳液などと違い肌にのせっぱなしにするわけではないため、過度に心配する必要はない。

化粧品のベースとなる代表的な成分。表記位置からして植物エキスを溶かし込む役割。

フェノキシエタノール

防腐剤。空気の中にも存在する成分。通常は問題ないものの、肌のバリア機能が壊れていると刺激に感じることも稀にある。

まとめ

マナラホットクレンジングゲルには結論として副作用が心配になるような成分は含まれていません。

ただ、フェノキシエタノールが含まれており、肌のバリア機能が壊れて敏感になっている方には刺激に感じるケースもゼロではありませんので、ご注意ください。

リモネンが苦手な方も注意が必要です。

基本的に夜にメイクを落としながら使うことが多いと思いますが、朝の洗顔として使う場合は紫外線を浴びることになりますので、洗い残しがないように注意する必要があります。

マナラホットクレンジングゲルの口コミや評判、レビューはこちらでお伝えしています。合わせて参考にしてみてください。

Uncategorized
【マナラホットクレンジングゲルの口コミ】角栓に効果なし?マツエクでもOKかアラフィフナースが本音で辛口評価した結果…

コメント

\45日返金保証&スキンケアサンプル付き/
毛穴レスになれる秘密はこちら
タイトルとURLをコピーしました